◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
鼻づまり解消法
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


鼻づまりの解消法はいろいろありますが、鼻うがいという方法があります。
塩水を鼻からいれて、逆の鼻から出すという方法です。
口から出しても良いです。
塩水だとしみるような気がしますが、普通の水を入れると、とても痛いです。
塩水の場合は、あまり濃くしない限り、ほとんどいたくありません。
風邪や花粉症、鼻炎などで鼻水が出ているときは、鼻づまりになることがあり、苦しくて不快です。
私の祖父は鼻炎だったのですが、鼻うがいをしていたら治ってしまいました。
つぼも解消に効果があるといわれています。
小鼻の横の迎香(げいこう)というツボが一番効果があるといわれていますが、指先で回転するようにマッサージします。
自分で試してみたことがありますが、ちょっとは効くような気がします。
赤ちゃんや新生児、子供がなることもあり、自分でとることが出来ない年齢の時は、親が取ってあげる必要があります。
赤ちゃんの鼻水は鼻吸い器という器具を使ってとります。
口で吸うのですが、口に鼻水が入ってしまうことはありません。
猫の赤ちゃんも鼻がつまっていることがあるので、とってあげないといけないことがあります。
赤ちゃんは抱っこしてあげると、よくなることがあります。
鼻の付け根をあたためると改善されることがあります。
片方だけの場合は、詰まっている方を上にして横になっていると、つまりが取れることがあります。
逆の鼻がつまる場合がありますが、その場合は反対を上にして横になります。
それを繰り返していると、何度かしているうちに治ってしまうことがあります。
子供の場合は、蓄膿症になりやすいので、注意深く観察しておく必要があります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)鼻づまり解消法