◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
生理痛を緩和
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


生理の周期は、大きくわけて3期にわかれ,周期を作り出しているのは、女性の体内に分泌されるホルモンで、卵胞から分泌される卵胞ホルモンと黄体ホルモンという二つのホルモンのバランス変化によって周期も変化していきます。
最初は、卵胞期、生理が終った直後から1週間程度です。
卵胞期には、卵巣で卵胞が成熟しはじめ、女性ホルモンである卵胞ホルモンを分泌し、気分的にもスッキリしているだけでなく体的にも様々なところで最も体調の良い期間であるといえ、新陳代謝もよく肌のトラブルも減少します。
次に、黄体期という期間がきます
卵胞期のあと2週間程度で、黄体ホルモンの分泌が最も高まる時期で、体内では妊娠に備える準備がすすみ、子宮内膜をよりやわらかく厚く形成されていきます。
体内でのホルモン分泌がさかんになり、ホルモンバランスが崩れやすくなるため、精神的に不安定になりがちです。
最後に月経期1週間程度あります。
体内で分泌されたホルモンが減少して、不要になった子宮内膜が出血とともに体外へ排出されることによって生理が始まります。
卵胞期は、ダイエットに最も適している期間はこの期間だといわれていて、新陳代謝もよく肌のトラブルも減少します。
黄体期には、体内では水分を溜める機能が働くために、むくみやすい時期で、そのため、むくみや便秘にはじまり、腰痛や肩こりなどの症状がではじめます。
食欲もさかんになり、この時期に食べ過ぎると太りやすいので注意が必要です。
また、ニキビなど肌のトラブルが起こりやすい時期でもあります。
月経期は、出血するので、貧血になりやすく、またホルモンが減少するため血行もわるくなり、体が冷えがちです。
精神的にも3期を通じてもっとも不安定な時期で、憂鬱・神経質になりやすい時期です。
さらに、生理にともなう生理痛が生じるため、頭痛や下腹部の痛み・腰痛・胃痛など様々な痛みが発生します。
女性ホルモンのエストロゲンは、体内で増えると生理痛の原因ともなります。
このエストロゲンは動物性食品を摂取すると増加するといいます。
普段、お肉を中心に食生活をしている女性は特に気をつけます。
おなかが痛む場合は、おへそしたあたりを温湿布やカイロで温めるとよいです。
生理痛自体は軽くても、気持ちがイライラしたり、下腹部の重みによりなんだか体全体がだるい気持ちになったりして、痛みだけでなく、他にもさまざまな不快感を伴います。
精神的にどうしてもイライラしがちで、お風呂の湯船を敬遠しがちですが、生理のときこそ積極的にお風呂にはいってリラックスした方がよいです。
リラックスできるだけでなく、血行もよくなります。
食生活にも注意が必要で、過激なダイエットは症状を重くすることがあります。
三食規則正しく食べるようにして、野菜・魚・肉をバランスよく
摂取するようにするだけで、体内の血液循環を改善して原因であるホルモンの分泌を抑えることができます。
不足しがちなビタミン・ミネラル・鉄分をバランスよく摂取することが大切で、食事中にお茶を飲むと鉄分の吸収が悪くなりがちなので、食後、時間をおいてからお茶を飲むと良いです。
大豆製品はホルモンバランスを整える役割をしているため、必要不可欠となりますし、イライラを抑えるにはカルシウムの摂取も必要です。
生理の症状は、下腹部の痛みや張り、貧血、頭痛、腰痛、吐き気・悪寒、胃の痛みなど、人によって様々で、女性なら誰でも一度は悩んだことがあるといわれています。
人により、個人差が大きく、動けなくなってしまうほどに重い人もいます。
社会生活に影響を及ぼしてしまうほどの症状に悩んでいる人もいます。
生理とは、個人差はありますが月に約1回の周期で女性の体内で排卵があり、その後子宮の内側にある子宮内膜という膜がはがれ体外へ排出されることで、その際に子宮が収縮をするため、痛みが発生します。
子宮内膜という膜がはがれるためにおこる痛みではなく、膜をはがすために子宮が収縮する際の痛みです。
子宮収縮は、女性体内のホルモンが分泌されることによっておこり、ホルモン分泌のバランスは、体調やストレスによって異なり、のホルモン分泌のバランスによって頭痛などのそのほかの諸症状も起ります。
生理の期間の間は絶えず出血があり、体内の血液が数日中排出されるので、貧血を起こしやすいです。
生理だから仕方がないと言って重い症状を放置しておくと病気を伴ったり、不妊症になってしまうこともあります。
不規則な生活や運動不足、ストレスにより、ホルモンバランスが崩れてしまうと子宮収縮も強くなり、強い痛みが生じやすくなります。
生理の問題は女性なら、誰でも一度は悩むものです。
毎月あるうえに、出血する上に、痛みまであるのでとても大変です。
ただ無意味に毎月出血を繰り返しているだけではなく、妊娠・出産のために体をきちんと整えてくれる現象です。
毎月きちんと妊娠・出産のための準備を体が行っていて、妊娠が成立しないときにおこる排出現象です。
強い痛みをともなう生理痛や出血などで考えられる病気があります。
病的要因を含む生理痛、すなわち器質性月経困難症の主な要因のなかには子宮内膜症があります。
生理現象の期間中には、女性の体内はホルモンの働きによって体温の変化があり、低温期と高温期に二極化していて、これにより基礎体温計を用いて自分の排卵時期を推測することが可能です。
女性の体には卵巣があり、卵子をつくる役割をしています。
卵巣から、卵子が排出され、ゆっくり子宮へと移動することを排卵といい、排卵が行われると同時に子宮は子宮自身の内膜を厚くしていき、いつ受精してもよいように妊娠のための準備を始めます。
子宮へ辿り着いた卵子は、一定期間、受精を待ち、受精が行われると妊娠が成立しますが、成立しなかった場合には体外へ排出されます。
卵子と子宮の内膜を体外へ排出しますが、内膜を排出するためには子宮からはがす必要があり、はがされて体外へ排出される際に出血をします。
これを生理といいます。
個人差はありますが、女性の体は、一般的には28日周期で生理を繰り返していて、体調やストレスによって日数の差があるものの、2〜3日程度の誤差であれば問題はありません。
生理の日数は、だいたい3〜7日程度で、2〜3日目をピークに出血量がもっとも多くなり、7日目頃には終るのが通常とされています。
8日以上続く場合や、出血量が極端に少なく2日程度で終ってしまうような場合は注意が必要です。
生理にともなって様々な異変が体内では起こっていて、不快な痛みを伴う場合もあり、これを生理痛といいます。
器質性月経困難症の人のうちの多く子宮内膜症を有しています。子宮内膜症の原因についてはまだ明らかになっていない部分の多い病気ですが、
子宮の内腔以外に子宮内膜を形成してしまう病気のことです。
排卵後に分泌されるホルモン・エストロゲンによって子宮の内腔に内膜を作り、エストロゲンの影響により、子宮内腔の内膜は徐々に厚くなっていきます。
このとき、子宮内腔に形成されるはずの内膜が、子宮内腔以外にも形成されてしまう病気が子宮内膜症です。
妊娠しなければ、子宮の内膜ははがれ落ちて出血し体外へ排出され、子宮内膜症を患っている場合はこれが子宮内腔とは違う部分でおこります。
も生理のたびに内膜の剥離と出血をくりかえし、内出血をおこして痛みを感じます。
出血する血液の量も通常と比べて多くなり、生理のたびに出血を繰り返すことによってその部位で炎症を起こしたり組織間の癒着をおこすこともあります。
生理痛を我慢してしまう女性の方も多く、自分が子宮内膜症を患っていることに気がつない人も多いです。
子宮内膜症を気がつかず放置していると、不妊症や他の病気の原因にもなると考えられいます。
子宮内膜症は、産婦人科での薬の処方や手術によって治療が可能で、妊娠することによって改善することもあります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)生理痛を緩和