◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
鼻血が止まらない
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


鼻血が止まらない場合、アレルギー性鼻炎、高血圧症、出血性疾患、血友病、白血病、再生不良性貧血などの病気の場合があります。
血友病は血液が凝固しにくいため一度出血しだしたら、なかなか止まらない病気です。
鼻の粘膜は薄くて傷つきやすいので、出血しやすく、時に子供のときはよく鼻血がでます。
私も子供の頃、止まらなくて不安になって病院に行ったことがありますが、血液の病気などの重大な疾患でないのなら、おわん1杯でても大丈夫だといわれました。
大人の場合は高血圧が原因となる場合があります。
高血圧だと頭痛などの症状を伴うこともあります。
血圧が上がることで、毛細血管が切れて、出血してしまうということです。
応急処置としては、鼻の骨の上を数分間、強めにつまむこと止血できる場合があります。
ただ、この圧迫法では、高血圧による場合は、なかなか止まらないことがあります。
その場合はガーゼを濡らして鼻に詰めた上で、鼻をつまむと止まりやすいです。
妊娠中も血圧やホルモンのバランスが変化するために、鼻の粘膜が充血して出血しやすくなります。
また、歯茎などからも出血しやすくなります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)鼻血が止まらない