◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
乳児湿疹の症状
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


赤ちゃんにできる湿疹を総称して、乳児湿疹と呼びます。
生後2週間くらいからにきびと似たような症状が出てきて、3ヶ月くらいまで発生することが多く、基本的にはにきびで、乳児脂漏性湿疹といいます。
乳児湿疹(赤ちゃんにきび)の原因として考えられるのは、生後の新生児の体には、母体からのホルモンの影響で毛穴から皮脂分泌が多くなってくるということです。
赤ちゃんの頭の皮脂量は大人よりも多いので、毛穴に詰まりやすくなっていて、発症するということになります。
新生児は皮脂の分泌が多いため毛穴に詰まりやすくなっていて、特に額や頬にできやすくなり、新生児よっては、黄色い色をしたかさぶたができることもあり、乳児脂漏性湿疹というのです。
治療は、基本的には必要がないので、ぬれたガーゼなどでいつも綺麗にしてあげて、新生児用の石鹸などで皮脂を洗い流していれば自然と治ります。
赤ちゃんの肌は弱いので、出来るだけ刺激の少ないもので、洗うようにして、清潔にするようにします。
薬などをつけて刺激すると、赤ちゃんの肌はデリケートなので、ひどくなってしまうことがあります。
汚い手で触るとばい菌が入る場合があるので、赤ちゃんにきびに触るときは手を綺麗に洗ってから触るようにします。
新生児は皮脂の分泌が多いため毛穴に詰まりやすく、特に額や頬に乳児湿疹ができやすくなります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)乳児湿疹の症状