◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
冬季うつ病の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


冬季うつ病とは、冬になると、うつ症状がでて、春になると、治るというもので、季節に起因するもので、逆に夏季うつ病といわれるものもあり、季節性情動障害という言い方もあります。
英語では、Seasonal Affective Disorder SADといいます。
女性に多く、一度発症してしまうと毎年繰り返します。
症状としては、過食、眠気、うつ状態、虚無感などです。
あまり外出したくなくなり、過食により、太りやすいので、さらに外出がおっくうになります。
原因としては、冬の環境に耐えるために、睡眠をよくとって、エネルギーを蓄えようとする働きによう部分もあるのではないかと考えられています。
動物の冬眠に近いのかもしれません。
普通のうつ病との違いは、チェック項目として、心理的な原因や精神疾患がなく、過去にうつ病になったことがあげられます。
日照時間の短い、高緯度の地方の方がなりやすく、日本では、北海道、東北、北陸地方の人に発症する確率が高いです。
留学でイギリスや北欧などに行く人の間でも、白夜の逆の極夜があるので、注意した方がよいと言われています。
日照時間が短いことが誘因となっている為に、メラトニンの分泌に異常が起きることや、セロトニンが減少して、脳の活動が低下してしまうためではないかと考えられています。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)冬季うつ病の症状、治療